2007年04月の日記
今朝、見慣れぬ切手が貼ってある大きな封書がエアメールで届きました。「はて…?」と思いよく見ると、密かに出品した、モンドセレクションの結果の通知でした。だいぶ前に出品したので、すっかり忘れていました。
急いで中を開けて見てみると、純米も吟醸も、両方とも「Gold(金賞)」と書いてありました!思わずビックリです!授賞式の招待状も一緒に同封されてきました。世界の人にも、この美味しさが伝わったかと思うと、嬉しいのなんのって…。
(2007.4.26[Thu])

そう、もう桜も散って春なのに、昨日、富士山に大雪が降りました。下界では風雨が強く、冬に逆戻り的な寒さでしたが、カラッと晴れた空の下、富士山が真っ白な帽子をかぶってお目見えしました。ホントに変な気候です。
でも、そうは言っても春なので、今日から田植えの準備を始めました。育苗箱に土を入れ、籾撒きをして、ビニールハウスの中に入れました。田植えは5月の中旬頃の予定です。
昨年のような変な夏でなければいいけど…。
(2007.4.20[Fri])

4日ほど前からPCの調子が悪く、2日前に仕事中についにフリーズしてしまい、デスクトップが初期画面になってしまった。
大慌てで復旧作業になったが、「データが残っているか…」と冷や汗タラタラで心配しながらの作業。原因が分からず憂鬱になりながらも、旧知の知人に手伝いをお願いしてなんとか復旧できました!
原因はハードディスクの物理的な故障だったよう。OAナガシマでハードディスクを買ってきて、壊れたハードディスクからデータを取り出し、そっくり乗せ換えました。
現代では、様々なものがコンピュータを頼っているけれど、やっぱり人が作ったものはいつかは壊れる…という事を実感しました。みなさん、データのバックアップはこまめに取りましょう!
(2007.4.19[Thu])

「第55回名古屋国税局酒類鑑評会」が先ごろ行われ、今年も入賞しました。昨日表彰式に、桜満開の名古屋城近くのホテルへ行ってきました。これで5年連続入賞し、この表彰も合わせて頂きました。応援いただいた皆さん、どうもありがとうございました。
表彰式のあと、「開運」の土井社長、波瀬杜氏、「志太泉」の望月専務、「臥龍梅」の鈴木社長らといろんなハナシをしながら昼食をとり、その後行われた研究会で、色々なお酒をきき酒してきました。多くのお酒に囲まれたウチの酒、本当〜に良い酒でした。自分のトコのお酒だからちょっとひいきめなのかナ…(・_・;)と思っていましたが、他の蔵元さん含め多くの方々に、ありがたい事にお酒の出来を褒めていただきました。ホントに嬉しかったです。畑福杜氏が、本当によく頑張ってくれました!ありがとう\(^o^)/!
その後、招待されていた、「しずおか地酒研究会」の会合へ出るため静岡へ新幹線で移動し、終わって帰ってきたのは夜中の夜中のまた夜中…。お酒ジャーナリストの松崎晴雄さんと一緒でした(松崎さん、なんと最近ご結婚されました!)。朝5時から夜0時までの、強行日程の一日でした…ゼェゼェ…。
(2007.4.11[Wed])

カメラを向けると朗らかな笑顔ですが、仕事のときはみんな鬼のよう!お酒の味を決める仕事、瓶詰め作業、検品のプロなど、みんな一芸(?)に秀でているとっても信頼のおけるスタッフです。何より完璧を求める人達ばかりなので、仕事中はなかなか話しかけづらいです…。最近では蔵開きでお客さんの顔を間近で見て、余計に仕事に力が入っているようです。
これからもヨロシクね\(^o^)!
2007.4.7[Sat]

庭の「河津桜」は3月初旬に散り始めましたが、もう一本の「しだれ桜」は、今やっと満開の時期を迎えました。まばら桜…といったカンジではありますが、これでも満開なのです…。子供たちも今日から新学年を迎え、ハツラツと登校していきました。
この時期は、いつも入学式を思い出します。桜の下で記念撮影をしたものですが、小学校の門の横には必ず桜がありますね。私の通っていた小学校には、登りたいのではなく、「眺めていたい」大きな大きな桜がありました。今年は無理だけど、いつかもう一度見に行きたいです。
(2007.4.5[Thu])

この田んぼ…そう、蔵開きのときにみんなが歩き回ったり休憩した田んぼです!ここに今年も山田錦を植えます。で、ようやく荒おこしが済みました。今年の田植えはいつ頃になるかナ…。
(2007.4.4[Wed])


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved