2008年03月の日記
昨日は、静岡県清酒鑑評会の一般きき酒会、鑑評会表彰式でした。きき酒をして感じた事は、「みんなスゴイ酒を造っている」という事でした。以前から感じていた事なのですが、静岡県の蔵元の技術研鑽は、非常に緻密で繊細でしかも確実で、蔵元自身のきき酒能力が非常に高いという事です。今年は残念ながらウチは吟醸部門で第3位でしたが、みんなが頑張っている事に対して、とても嬉しく感じました。
今年も静岡のお酒は、みんな元気でしょう、きっと!
(2008.3.26[Wed])

いやぁ〜もの凄い人出で、主催した我々がホントにビックリしました…。午前11時半過ぎには、芝川町の人口を越えるお客様に来場いただきました。ご来場いただいた皆さん、どうもありがとうございました。心より御礼申し上げます。
実はお天気を心配していました。14日の金曜日には警報が出るほどの大雨で、同じ静岡県の袋井市では突風が吹いて何軒もの家の屋根が飛ばされたという大惨事までおきてしまい、ニュースを見ながら「…オイオイ……。」というカンジでした(・_・;)。
蔵開き当日は晴天で、ホントに良かったです。来場くださった15,000名のお客様、ホントにどうもありがとうございました!御礼まで…
※後日、蔵開きアルバムをアップしますので、お楽しみに!
(2008.3.17[Mon])


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved