2009年08月の日記
これは、ウチで製造している「みかんワイン」の原料です。早摘みの青いみかんが、続々と入荷してきました。青い香りがまだ強いですが、実をナイフで半分に切ると、中はレモンのように真っ黄色で、とても酸っぱい果汁が垂れてきます。このワインは、10月16日より、旧清水市内で発売されます。今年は、どんなワインができるでしょう…?
(2009.8.31[Mon])

11日の地震で崩れた、駿府城跡の石垣です。これを修理する事が決まった記事を、新聞で見ました。ここだけで修理費用2億7000万円かかるそうで、ほかにも外堀の崩落箇所の修理で1億7400万円かかるようです(-_-)。
文化財を保存するのは大変ですが、昔はいったいいくらのお金をかけて、お城とかを建立したのでしょう…気が遠くなります。
2009.8.29[Sat]

昨日は朝から、見慣れぬ大きなクルマが会社の駐車場に入ってきました。蒲原病院の検診車です。いつも大きい車といったら、米を搬入するトレーラーや、ビンを納品するトラックばかりですが…。
このクルマの中で身長体重の次に採血、聴力検査と続き、心電図をとって、胸部レントゲンとバリウムを飲んでの胃検診。下剤を飲んで終わりです。毎年の事ですが、前回注意されたことが改善しているか、気になるところです。みんなの結果が良い事を願います(^・^)。
(2009.8.19[Wed])

今朝5時7分に、震度5の地震に襲われました。しかも、今日は台風までやってくるという…。激しい地震に飛び起き、慌てて蔵と田んぼに足を運びましたが、製品やタンクや建物には一切被害がありませんでした。タンク基礎の亀裂のチェックや配管配線のサポートをチェックしましたが、なんと奇跡的…(・_・;)。昨日から「台風が来るぞ〜」と、色々な箇所を紐で留めていたり、整理して片付けたりしていたお陰だと思います。ただ一箇所だけ被害が…、それは、私の机の書類の山が崩れた…という被害でした。なんとも恥ずかしい…(-_-;)。でも、これらのお酒が崩れてきたら、きっとどんなだったでしょう…。想像するだけでも悲しいです。
(2009.8.11[Tue])

写真は、会社から西側に見える山です。この山の裏側に身延山(みのぶさん)があります。TVで、この町のニュースが最近流れていますが、とても心配ですね…。
(2009.8.7[Fri])

やっと夏らしい日になりました。昨日梅雨が明け、今朝は富士山も良く見え久々の再会となりました。稲はところどころ「いもち病」が出てきてしまって、日が出るまではどうにも出来ませんでした。太陽が出てきて葉が熱くなって元気よく光合成ができれば、どうにか出来そうです。5月の走り出しが順調だっただけに、ちょっと残念!
(2009.8.4[Tue])


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved