2009年10月の日記
先日、仕事で東北新幹線に乗りました。電車好きの私としては、腰の痛みが無ければ何時間でも乗っていたいのですが、そうはいかず…。車窓から見る風景の中でも、東北地方の広大な田んぼは、四季を通して目を楽しませてくれます。これは、四季のある国ならではでしょう。自分で米を作るようになってからは、「水はどうやって引いているんだ?」「水平を出すのはどうやって?」「雑草取りや稲刈りはここからするのかな?」とか、風景の見方が明らかに違ってきています。
2009.10.24[Sat]

昨夜は、今年初めて造ったニンジン焼酎「きゃろっこ」の完成発表会でした。三島市東側にある地域は、ニンジン、じゃがいも、大根などの栽培が盛んな事で有名な地域ですが、この地域は今、「みしまコロッケ」で盛り上がっています。これに続けと今回、このニンジン焼酎の開発に取り組みました。一年がかりの熱い議論が、ようやくこうした「形」になりました。10月20日より、三島酒販管内の酒屋さんで発売します。
(2009.10.14[Wed])

収穫の秋も、段々と深まってきました。今日は神社の秋祭りです。子供たちの奉納相撲をやったり、子供みこしも出て、賑やかに行われています。町内会の屋台も沢山出て、大人たちはいい顔色になっています。田舎のお祭りは、手作り感いっぱいで、とても馴染み易いですよ。写真は、みこしを担ぐ近所の子供らです。
2009.10.10[Sat]

10月7日の夕方、降り続いた雨と風がパッと止み、富士山が急に姿を現しました。すると、山頂にわずかですが、雪が降り積もっていました。富士山頂と、ここの気温差は15度なので、夕方には山頂は氷点下になっていたようです。で、その翌日から台風18号がやってきました。嵐の前の静けさの瞬間でした。
(2009.10.9[Fri])

現在、強力な勢いを持った台風が2個、日本へ向かっています。昨日から雨が降り始めましたが、その前に頑張って、酒米の稲刈りを行いました。実もしっかりと入っていて、今年の酒米の出来も、なかなか良さそうです。現在乾燥機に入れていますが、台風前にここまで出来たので、ひと安心です。
稲刈りが終わった田んぼには、そこに取り残された蛙や虫を狙って、鳥が群がりますが、我々が近寄っても逃げません。いよいよ冬が到来する予感です。
(2009.10.6[Tue])

10月1日は、日本酒の日です。酒造業界ではこの日から、新しい酒造年度がスタートします!いわば、酒造業の「お正月」みたいなものです。
昨日は、沼津で「第22回静岡県地酒まつり」が行われました。約1,000名の来場者に、各蔵元とも大忙しでした。お燗酒コーナーや米やメロンが当る大抽選会なども行われ、大盛況のうちに幕を閉じました。他県からも多くの日本酒ファンが訪れ、本当にありがたさを感じる一日でした。来場されたみなさん、ありがとうございました。
(2009.10.2[Fri])


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved