2009年11月の日記
知らぬ間に、街はクリスマスのイルミネーションの飾り付けが華やかになってきました。先日、子供にせがまれて街まで出かけて行きました。すると、不景気にもかかわらず、大きなクリスマスツリーや賑やかなイルミネーションが街を彩っています。こうした風景を見る人たちの表情の明るいこと!非日常の空間に触れると、人は楽しい気持ちになるんですね、きっと。
家に帰ってきてからは、気持ちも新たに、せっせと日常の仕事に励みます…(^−^)。
(2009.11.24[Tue])

17日に、静岡市のコンベンションホール「グランシップ」で、全国棚田サミットのプレイベントが行われました。午後からは、「一社一村しずおか運動」への取り組みについて、短い時間でしたが講演をしました。250名ほどの人たちの前で、ウチと松崎町で取り組んでいる黒米焼酎「百笑一喜(ひゃくしょういっき)」について、紹介を行いました。最後まで話を聞いてくださった皆さん、どうもありがとうございました。
そして同日、名古屋国税局主催清酒鑑評会の授賞式がありました。今年は、純米酒と本醸造の両部門で優等賞を受賞し、これから本腰を入れる蔵にも勢いがつきました!また、「アナタが選ぶ地酒大SHOW」の「カニにあう酒部門」で、純米酒が銅賞に輝きました!今年も乞うご期待です!
(2009.11.19[Thu])

昨日、富士宮少年剣道大会が行われました。ウチの子供のチームは、団体戦で健闘しましたが、同勝数ながらも一本差で第二位に終わり、優勝旗を持ち帰る事はできませんでした(^・^)。
剣道は「礼に始まり礼に終わる」というとおり、小中学生でも目上の方にはキチンと挨拶をします。日本のこういった伝統は、ずっと続いて欲しいものです。写真は、稽古が終わったあとに、指導員の先生方に挨拶をしているところ。清々しいです。
(2009.11.4[Wed])

どうです?ステキな写真でしょう!土曜日に、知人の結婚式に出席しました。教会の中で撮影するのは通常ご法度ですが、今回の結婚式はハワイ式で、全く堅苦しい雰囲気は無く、なごやかで明るく賑やかな結婚式でした。
時代とともに結婚式の形態も変わってきていて、本人や招待者たちのいい思い出に残るこういった式も、なかなかいいものだなぁ…と思いました。
自分はもう無いだろうけど、まだ小さい自分の子供の結婚式は、将来一体どんな風になるのか、なんて、披露宴の会場で思いを馳せるだけで、なんだか涙が出てきました。
(2009.11.2[Mon])


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved