2012年02月の日記
今日は、「クレマチスの丘」という美術館の中にある「TESSEN」というレストランで、「お酒のセミナー&富士錦のお酒と食事を楽しむ会」がありました。緑の芝が敷き詰められたキレイな庭を眺めながら、ハナシとお食事を楽しむという、大変贅沢な催しでした。
この日のセミナーでは、「日本酒党」前党首、稲葉由美子さんとのパネルディスカッションを行いました。失敗談やお酒と健康の話など、あっという間に時間は過ぎてしまいました。
皆さんと色々とお話しをさせていただき、気付かされる事も多くあった、お休みが無い今、とても貴重な時間でした。
(2012.2.28[Tue])

ここ一週間、工藤夕貴さんのお酒の仕込みをしています。ご本人が毎朝仕込みにやって来ます。今日も朝から気合が入っています!
ご本人が作った無農薬合鴨農法の米で、ご自身が使うお酒を、ご自分で仕込んでいます。やる気がスゴイです!写真は、蒸しあがったばかりの米を、仕込みの温度まで冷ましているところです。熱いので、大きなしゃもじで風にあて、粗熱を取っています。
このお酒が完成するのは、蔵開きの後になります。完成したら、工藤夕貴さんのレストランで飲めるでしょう。機会がありましたら、どうぞ足をお運びください。
2012.2.26[Sun]

「ビオファームまつき」の松木一浩さんが運営している「ビオス」というフレンチレストランで、日本酒に合わせたフレンチのフルコースをいただいてきました。ビオスは、ウチの近所にあります。
野菜の味を生かした創作フレンチで、お互いの味を生かしながら、美味しくいただきました。進歩を止める事のない創作意欲は、相変わらず「スゴイなぁ…」と感じました。
この日の乾杯は、しぼったばかりの、まだ発酵の際に残る小さな泡がたつ清酒でしたが、「これが合うだろう」と思って出したら、これが実にドンピシャでした!
もっと色々と、今後を期待させるお料理でした!
2012.2.25[Sat]


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved