2013年03月の日記
ようやく近所の桜が満開となりましたが、ウチのしょぼい桜も「満開だぜぃ」とばかりに少ない花を咲かせています。
どういう訳だか、桜の花が咲き始めると、周りの空気が明るくなるように思います。これが春の気持ちなのでしょう。
この時期、会合が多く飲む機会が多いのですが、色々な人と飲んで気づいた事があります。この時期、飲んでも楽しい話の方が多く出てくるように思います。気温や桜をはじめとした風景が、人の気分を変えてくれるのでしょう。
今年も色々やりたい事があるので、その気になった時にやろうと思います。春はそんな気持ちにさせますね。
(2013.3.29[Fri])

静岡県酒造組合主催で先ごろ行われた、静岡県清酒鑑評会に出品した蔵元の、およそ50点のお酒(吟醸・純米)の一般公開が本日、行われました。見慣れた業界の方や、日本酒愛飲家、初めての方など、およそ250名の方がお見えになりました。一つずつ丁寧にきき酒をしてメモを取る方、お仲間と一緒に来てうん蓄を語る方など、色々な方がいらっしゃいました。
沢山の方に来ていただき、どうもありがとうございました。
(2013.3.25[Mon])

好天の中、今日は17回目の蔵開きが開催されました。木曜日まで雨が降っていたので、お天気が心配されましたが、富士山も顔を出し梅と菜の花が満開の中、さらに桜の開花宣言がされて、本当に温かな春を感じる良い日和になりました。
午前中から来場者数は1万人を超えてしまい、シャトルバス出発点の、JR富士宮駅も「エライ事になっているけど…」と、バス会社から泣きが入りました。
しかしお蔭様で今年は事故も無く、立てなくなるほど泥酔する人も無く、無事に終える事が出来ました。社員もバイトさんも、くたくたになるまで動き、帰りは皆、筋肉痛になりながら帰宅しました。
ご来場いただきました皆さんに、沢山の力をいただきました。みなさんの顔を見て、造り手側として、更に緊張感を増しながら酒造りに熱を入れられます。皆さん、本当にありがとうございました。
後日、「蔵開きアルバム」をアップします。どうぞお楽しみに!
2013.3.17[Sun]

今日は、平成25年静岡県清酒鑑評会が行われました。蔵開きの準備が忙しくて、審査の立ち会いが出来なかったのですが、なんと、純米部門で首席となり、県知事賞をいただく事になりました!写真は、速報で流れてきたFAXです。応援いただいた皆様、本当にありがとうございました。
なお一般公開は、3月25日(月)正午より、静岡市のグランディエールブケ東海で行われます。
(2013.3.13[Wed])

今日で震災から2年が経ちました。現場の声をニュースなどで見ると、復興にはまだまだ時間が掛かりそうな残念なニュースばかりです。
今朝7:30、FMラジオK-MIX「Radio the Boom!」のパーソナリティ高橋正純さんが、自分で造った純米酒「甘十(かんじゅう)」のヒット祈願、並びに東日本大震災復興を祈願し、富士錦から静岡市のスタジオまで気温3度の中、46キロのマラソンにチャレンジしました!
そして、高橋正純さんが造ったお酒の売り上げの一部が、復興の為の義援金として寄付される事も決まりました。
この写真は、スタート前の決意表明の時の写真ですが、見事に完走し、午後4時からの生放送に間に合いました!ズミさんすごい!
(2013.3.11[Mon])


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved