2013年06月の日記
夜、蛍が家の中に迷い込んで来ました。暗い台所に、ほのかな緑色の光がポツンと…。「ん?蛍…?」と思って、あわてて捕まえ、外に出してやりました。すると、庭の植え込みのまわりを、20匹くらいの蛍が飛んでいました。まだしばらく楽しめそうです。
(^−^)
(2013.6.25[Tue])

とうとう昨6月22日、日本時間午後4時30分に富士山が世界文化遺産に登録されました。待ち遠しかったです。写真は、今朝の朝刊。
この日は待ちきれずに、市役所前には多くの人たちが集い、ワクワク感のあふれる良い雰囲気の中で大画面モニターをみんなで見ながら、最後の採決を見ました。まるでワールドカップのパブリックビューイングのごとく…。たぶん、こんな事は、一生に一度だけでしょう。良い経験をさせてもらいました。富士山に感謝!
2013.6.23[Sun]

6月17日から、カンボジアのプノンペンで、ユネスコの世界遺産委員会が開催されています。今日の午後4時30分頃、富士山の世界遺産登録の是非が審議されます。今日は午前中から、登録された際に行う鏡開きの準備で、市役所へ行き樽酒の準備をしてきました。本日だけの特製の清酒で、振る舞い酒も用意されます。
写真は今朝の富士山です。昨日まで雨で全く見えなかったのに、今日ばかりは朝からしっかりと姿を見せ、まるで、「今日はしっかり見てね」と言っているかのよう。自分の晴れ舞台が分かっているかの如く、ちょっと可愛く見えてしまいました。
色々な知人たちの苦労を知っているだけに、無事の登録を願っています。
2013.6.22[Sat]

昨日は父の日。久々に、父親に贈り物を送りました。で、同じ日に、市内で梅まつりが行われました。今年は梅が豊作で、一昨年、全然採れなかったのが信じられないほどです。しかも、今年の梅は近年になく品質が良く、色々と用途が広がります。
この梅は、今年の梅のお酒の原料になります。明日から仕込み仕事に入ります。
(2013.6.17[Mon])

昨夜からの雨で、今朝は少し寒い朝でした。朝6時、外に出ると、珍しく富士山が見えていました。いつもの事と思いきや、「ん?」ともう一度富士山をよく見ると、なんと頂上に雪が積もっていました!しかも8合目くらいまで…(・_・)。
あと3週間で山開きなのに、こんな時期に積雪なんて珍しい。何年か前にはやはり登山道に雪が多く残っていて、登山組合の人たちとボランティアが山開きに間に合わせる為、スコップを担いで登り、手で除雪作業を行った事がありました(結局取り付け道路が崩落していて間に合わなかった)。
今年はきっと多くの人たちが登山に来るでしょう。事故が起きないよう、その時までには溶けてくれる事を願っています。
(2013.6.7[Fri])

昨夜は、試合の最後までドキドキしながらオーストラリア対日本代表の試合を見ていました。本田選手の同点PKは、なんと後半45分過ぎ。こんな事ってありますか?まるで漫画の世界です。
静岡新聞の記事では、長谷部選手や内田選手など県出身選手の活躍が大きく報じられており、選手の家族の声が新聞に掲載されていました。地方色が強く、違う切り口の記事は微笑ましく、読んでいて面白いです。
同点でワールドカップ出場を決めたわけですが、本大会を考えると、すんなりと勝って出場するより、課題を持ちつつ出場する方が、本大会では大きな活躍をするでしょう。全員共通の「マズイ!どうにかしなきゃ」感を持っていれば…。
(2013.6.5[Wed])

今日は子供の剣道の試合でした。県東部地区予選を勝ち上がり、今日は県大会。静岡県の東中西部から精鋭が集まりました。残念ながら、子供の学校は団体戦で一回戦敗退でした。
中学校までの大会と違い、試合中の緊張感はより大きなものになっています。試合が終了し敗退が決まると、今までの色々な事が胸の奥をよぎり、胸がいっぱいになりました。3年生はこれが最後の大会。涙がこらえきれない先輩たちを見て、子供も複雑な顔になっていました。
これから一体どんな風に子供は育っていくのか、楽しみでもあり不安でもあります。
2013.6.1[Sat]


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved