2014年06月の日記
6月も今日で終わりです。昨年と違い、夜になると肌寒いカンジ。そんな中、先週から今週にかけて、今年は蛍がスゴイく多いです。写真は、庭に面した網戸に張り付いていた蛍を、さきほど部屋の中から撮ったものです。例年10匹程度なのですが、夕方8時を過ぎた頃、庭や田んぼに毎日30〜40匹くらい飛んでいます。幻想的でとても風流です……田舎ですねぇ…。
(2014.6.30[Mon])

昨年の今日、富士山が世界文化遺産に登録されました。今日その一周年という事で、小ぬか雨が降る中「富士山絆まつり」が市役所で開催されました。写真は、今日の鏡開きに使った樽酒です。昨日は群馬県の「富岡製糸場」が世界遺産に登録されたばかり、一年先輩の富士山に今年はもっと頑張ってもらいましょう。
…と言いたいところですが、今年は冬の積雪が例年よりも多く、登山道にはまだ白い雪が残り、山頂付近にも残雪があります。今年の6月は昨年と違い、時々長袖を着るほどの気温。
昨年までは7月1日でしたが、今年の山開きは7月10日に決まりました。それまでには、無事に登山が出来るよう、登山組合の人たちがしっかり除雪をする予定です。事故の無い、楽しくも苦しいみんなの記憶に残る富士登山、これが一番です。
2014.6.22[Sun]

今日は午前10時から夜19時まで、池袋サンシャインにおいて日本酒造組合中央会主催の「日本酒フェア」が行われました。今年で8回目でしたが、土曜開催は初めてだった為、今までで最高の人出でした。
静岡県のブースは午前11時頃から、ずっとご覧のようなカンジ…。静岡のブースに、望月会長と事務局と、開運の土井さんなどとずっと立っていましたが、人が絶える事がありませんでした。休憩はお弁当を食べた時だけ。最後は声も涸れ、足がボーになるほどでした。皆さんお酒も入り、赤い顔して笑顔の人も多く、外では大きな声でわめいている人もあり、いろんな意味で忙しく賑やかな一日でした。
でも、知っている方も多くいらっしゃってくれて、疲れましたがずっと暇にしているより、よっぽど良かったです。静岡県の良さ、みなさんに分かっていただいたと思います。今年来れなかった方、来年は是非足をお運びください。本当に楽しい会ですよ(^o^)!
2014.6.21[Sat]

昨日、海中熟成酒が海底から引き上げられました。会社へ持ち帰り水でサッと洗いましたが、こんなカンジ…。小さな貝がビンの表面にびっしり付いており、力を入れてゴシゴシこすらないと落ちない。仕方がないので、このまま出荷する事にしました。
常識で考えたら、立派な不良品。とても製品とは言えませんが、今回は誤解を生まないよう、特別にその事をしっかり明記して出荷します。手元に届いた時に、ビンが汚れていても苦情は無しです!
2014.6.14[Sat]

11日から南伊豆町へずっと行っていました。昨年海底に沈めたお酒を、この3日間かけて引き上げてきました。
海上を船で進み、目印のブイを探します。ブイを探し当て、ダイバー6人で海中へ潜ります。お酒が入ったケージと海底に沈めたアンカーを結んでいたロープをほどき、「水中リフティングエアバッグ」に結び直します。このリフティングバッグに、サブのレギュレータからエアを少しずつ入れて膨らませ、ゆっくりとケージを浮上させます。そこで更に、船から出してもらったロープに結び直し、海中にぶら下げたまま港までゆっくりと船で引っ張ってきます。船着き場の浅い海底にいったん降ろし、そこで海上の防波堤に停めたユニックのアームの先端のフックに結び直し、ここで一気に陸へ上げました。写真はこの時のものです。
海底から初めて上げる時は砂などが相当舞い、ライトを点灯しても視界はほぼ1m。暗い中での作業は危険ですが、時間をかけて無事に全部引き上げる事が出来ました。
これから必要な手続きをしてから、蔵に持ち帰り製品化します。試飲をしてみましたが、違いは明らかで本当にビックリしました。ご予約いただいた方、どうぞお楽しみに!近日中に、特設サイトを作ります。こちらもどうぞお楽しみに!
なお、設置までの様子は、YouTubeのサイトで「海中熟成酒プロジェクト」を検索していただくと、動画が見られます。
(2014.6.13[Fri])

今日で、静岡空港の開港5周年をめでたく迎え、静岡空港で記念イベントがありました。イベント終了後にANAの記者会見がありました。
6月1日〜8月31日まで、羽田空港のANA国際線ラウンジにおいて、静岡フェアを行う事になり、この事の記者会見でした。会見には川勝知事も同席いただきました。
富士錦のお酒も8月1日〜31日まで、期間限定ですがここに置いてもらえる事になりました。ありがたいです!
ちょうど6月に富士山も世界遺産登録一周年を迎えますから、お客様に知ってもらえる良い機会になります。羽田にお越しの際は、是非お立ち寄りください。
(2014.6.4[Wed])


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved