2015年08月の日記
昨日、仕事で箱根方面へ行きました。大涌谷の影響でしょうか、日本人が少なく外国人が多い状況。観光業の打撃は、しばらくの間は避けられないでしょう。ホテルのウェルカムボード(黒板に白いペイントで書く)の文字も筆文字の英語表記になっていて、驚き苦笑いでした。でも今行けば、とても空いているので、今までに無いほど箱根を満喫できるでしょう。今、箱根は狙いどころです。
写真は、箱根新道の入り口から見た芦ノ湖と大涌谷の様子。音が聞こえないので、湯気が上がっているだけのように見えますね。
(2015.8.25[Tue])

一昨日に引き続き、昨日は川崎市役所近くのお寿司屋さんで、富士錦の会を催していただきました。スゴイお寿司でした(^o^)。
何がスゴイかというと、今まで食べたことが無いほど、素材の美味しさを追求した、質で勝負の店です。決して素朴ではありません。とても洗練された、和食です。
店主はまだ若いのですが、和服を着て仕事をします。背が高くカッコいいのです。しかも、築地へ直に買付に行き、魚博士と言えるほど、魚の知識が豊富なのです。きっと、想像力がとても優れているのでしょう。こんな料理人が居る事が、とても嬉しく感じました。
(2015.8.24[Mon])

昨日、高田馬場のお店でイベントがありました。「伝統と革新の系譜・富士錦」という富士錦のお酒の会です。会場は駅前にある「静岡おでんガッツ」というお店です。
この店のご主人は、静岡出身で元テレビマン。おでんが大好きで店を始めたそうです。体が大きく坊主に丸メガネという風貌ですが、スゴイ良い人!店内には、静岡高校が甲子園出場した際のポスターやのぼり旗がたくさん貼ってありました。ここで扱っている清酒は、全て静岡の地酒。そして食材はほとんど静岡から取り寄せているほどの凝りよう。こんなお店、嬉しいなぁ…。
会は、空き無くギュウギュウになるほど大勢のお客様に来ていただきました。ビンゴ大会などで大変盛り上がり、無事に終了する事が出来ました。来て頂いたお客様、そしてガッツさん、お世話になり本当にありがとうございました!
2015.8.23[Sun]

今夜、長渕剛さんの10万人オールナイトライブが朝霧高原で行われます。およそ一か月前くらいから、ライブ会場の設営をおこなっていました。今夜が本番です。
私は、出張の為新幹線の新富士駅まで行く予定。心配で駅周辺の駐車場に電話をしたら、全て満車(-_-)!駐車できない事が分かり、家の人に駅までクルマで送ってもらいました。
午前中でしたが案の定、駅周辺は見たことが無いほどの人だかり…。男はガタイの良い人たち、女性はキレイな人ばかり。皆さんライブ会場へのシャトルバスの長い行列に並んで居ました。
今夜9時から始まり、明朝6時に終わる予定だそうです。一体どんなライブになるのでしょうか…?駅にも、こんな広告がありました。行けなくて残念!
2015.8.22[Sat]

今日から4日間「酸素欠乏危険・硫化水素危険作業主任者技能講習会」です。実はこの資格、清酒の醸造でも関係あるのです。
発酵中のタンクは、液面近辺の空気が追い出されて炭酸ガスが充満します。ですから蔵では、作業中は必ず大戸を開けて風を通しながら仕事をしなければなりません。櫂入れ作業の時に、この炭酸ガスを、タンク一本一本逃がしながら新鮮な空気を送ります。美味しいお酒を造るには、それなりの苦労や危険があるのです。
酸素の量は空気中の20.9%です。これが16%を下回ると様々な自覚症状が出てきます。また人は「無酸素のひと呼吸」だけで意識不明になってしまうそうです。コワイですね。酸素は大切です。是非知っておいてください。
(2015.8.18[Tue])

転勤で大阪に居る弟に、大阪の笑えるお土産をもらいました!これ、「オモシロクナール」という、薬の容器に入ったお菓子。
即効性あります(^−^)。でもすぐに効果は切れてしまいます。効果がずっと持続するように心がけたいです(^・^)。
(2015.8.17[Mon])

最近、会社の中庭あたりで、タヌキを頻繁に見るようになりました。今年の3月に見かけた時は1匹だったのですが、子供が生まれたみたいで、親1匹、子4匹に増えていました。どうやって捕まえるか思案中…(-_-)。
(2015.8.7[Fri])

近所の山です。町内で山を所有する人たち30名ほどで、山道の下草刈りを朝早くから行いました。一斉に山に入るのですが、みんなそれぞれ自分の山に入っていくので、終わり時間だけ決めて散って行きます。
早朝は曇っていましたが、時間が経つに連れ、いつも通りの暑さに…。水分を補給中にパチリ。まだ朝9時ですが、もうすぐ30度を超えるでしょう…。セミの鳴く声が、暑さに拍車をかけます。涼しくなる頃、こんなところでキャンプなんか出来たらいいなぁ…。
2015.8.2[Sun]


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved