2015年09月の日記
洒落た呼び方です。中秋の名月。夜に子供をクルマで迎えに行く際、あまりに明るくて思わずパチリ。わびさびの世界、まさに日本人の美意識心をくすぐる風景だ。そう言いながら、ご近所さんからお団子を頂戴し、夕食の時に家族で美味しくいただきました(^o^)。
こんな夜は、寝るのがもったいない。近づいている台風のせいか早く流れる雲を、少し眺めていました。こんな時間に、おいしいお酒が飲めたらホントに幸せだ。
(2015.9.28[Mon])

すごい試合だったなぁ…。思わず最後まで見てしまった!ラグビー良く分からないけど、世界ランク1位の南アフリカにロスタイムで逆転勝ちなんて、まるでドラマのよう。勝てなかった悔しさを頑張りに変えるとき、きっと良いコーチが、何をどう頑張るかをしっかり教えてくれたんだろうと思う。頑張れる人がいる事を信じて、目標を見つけて正しい方向へ向かわせる事、これは団体競技だけではなく、会社も同じだ。見習いたい事だと思いました。
(2015.9.21[Mon])

昨夜ごたごたの中で、この法案が参院委で可決された。でもこの法案の内容がいまいちというか、全然分からない。全然分からないから、正しいか正しくないかも判断できない。だから、子供に内容を聞かれたが、ごく一部しか説明できなかった。情けないなぁ…(-_-)。
日本は一体、どこへ向かうのだろうか…。
(2015.9.18[Fri])

「のみ切り」。一般の人は聞き慣れない言葉ですが、酒造業界では緊張する日なのです。「のみ切り」というのは、冬に仕込んだお酒を春に貯蔵し、夏を超えて秋口になったら貯蔵タンクの封を切って酒を出し、酒の熟度を調べて評価する行事をいいます。タンクの閉じ口の事を「のみ」と言い、秋まで雑菌や外気に触れさせないよう封紙をして密閉しておくのです。
今日は静岡県東部の7蔵が集まって、鑑評会の審査員に評価してもらっています。真剣です。お蔭様でお酒の評価も良く、ホッとしました。
昔は、タンクからお酒を出したら、期待していたお酒が悪くなっていてがっかりする事もありましたが、その経験から貯蔵管理をがっちりする事で、そんな事も無くなりました。
冬に造った酒は、しっかり気にかけて管理する事で、実は何倍も旨さを増します。鍋物や食材が美味しい秋に、不思議な事にお酒も一緒においしくなるのです。人やペットと一緒ですね。
(2015.9.8[Tue])

「アウトスタンディング・イン・ザ・フィールド」というイベントをみなさんご存じでしょうか?田舎者の私は全く知りませんでした。皆さん、ネットで調べてみてください。スゴイですよ!
世界中の様々な絶景の大自然、青空の下で、その場所で獲れた食材を使って一流のシェフがフルコースを振る舞うという、物凄く贅沢な催し。およそ80名の世界中のセレブが、朝霧高原の某所へ集まってきました。今日は、この催しのお手伝いをしてきました。
こんな事、一度やってみたいと思っていたのですが、現実に行われている様子を見ると、やっぱり準備が大変ですね。
全ての様子は、フジテレビが撮影をしていました。9/26の18時から、BSフジで放映されるそうです。興味がある方は、どうぞご覧ください。
(2015.9.4[Fri])


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved