2016年01月の日記
大寒の日を控え、いよいよ大吟醸の米洗いがスタートしました。ザルに入れられている米は山田錦という酒米で、玄米の外側60%が削られ、真ん中の40%の部分だけ使用します。ザルに取る際は、1グラムまで正確に測り、吸水歩合を間違いなく測れるようにします。
今年の米は少し溶けやすく、用心しないと一気に発酵が進みます。しかも今年の冬は暖かいので、なお気が抜けないカンジです。
(2016.1.19[Tue])

今日、首都圏を混乱に陥れた大雪は、ほとんど雪の積もっていなかった富士山を、一気に白く変えました。運良くウチではあられが少し降っただけで済みましたが、夜のニュースで首都圏の電車が大変な事になっているのを見ました。駅に入れない人や、階段の人の波が動かない様子は、見ているだけで貧血になりそうでした。ようやく冬の富士山の姿になりました。センター試験を受験した受験生は、一日早く救われましたね〜(^−^)。
(2016.1.18[Mon])

新年、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。
今朝も、いつもと同じように、朝から仕込みがありました。米を蒸す湯気の向こうに朝日が高くのぼって来ています。仕事を早めに済ませ、10時からはお休み。久しぶりのお休みです。
元旦は例年通り、ウチから出た人たちが来て、一杯飲みながらおせちを頂きました。今年はやはり例年に比べて暖かく、お昼からストーブを消したほどでした。チャレンジしたい事が沢山ある今年は、はたしてどんな一年になるか、楽しみです。
(2016.1.1[Fri])


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved