2016年11月の日記
待ちに待った「富士錦しぼりたて原酒」がいよいよ今日から発売されます!今年のも味がノッていてとても美味しいです。急に寒くなったので昨日、試しに燗をつけて飲んでみましたが、まだ麹の香りがほんのりしていて、ホントに美味しかったです。本日から酒屋さんの店頭に並びますので、どうぞお楽しみに!
2016.11.26[Sat]

昨日、新酒がやっとしぼれました!11/26発売予定の「富士錦しぼりたて原酒」です。酒林(杉玉)は、蔵の神様を守る魔除けとして、蔵の入口に掛けました。写真のように杉の葉で作られたトゲトゲとしたものは、魔除けの意味があります。昔は顕微鏡が無かったので、酵母の存在が分かりませんでした。そこで、人々は「蔵の神様がお酒を作ってくれる」と信じていたんです。ですから、蔵の神様を守るためにこうした事をしたんですね。
お酒の神様を祀ってある神社が京都にあります。松尾大社といって、お酒の神様のご神木があるのですが、これが大きな杉の木なのです。昔はここから枝を一本頂いてきて、この酒林に刺しました。これにより、この酒林にお酒の神様が宿っているという事になったわけです。
無事に新酒がしぼれた事に感謝して、今日は乾杯したいと思います。11/26から発売のこのお酒、どうぞお楽しみにお待ちください!
(2016.11.24[Thu])

11月27日(日)に、縄文の里「柚野の里まつり」が行われます。その日に向けて、夜な夜な有志が集まって、なんと縄文時代の竪穴式住居を再現しています。いま建てているこの真下に、1万3千年前の本物の住居跡遺跡が埋まっています。この貴重な遺跡が荒れないように砂を入れ、盛り土(いま流行りの)をしてあります。この隣の敷地を、富士宮市で現在、本格的な発掘調査を並行して行っています。再現住居をいま仮に建てていますが、耐震補強を入れたり、換気口を配置したり、本当に住めるレベルまで凝ってしまいました。終わった後に壊すんだけど…(汗)。
お祭りの当日は、縄文式土器の再現体験や、火起こし体験など、原始時代を感じさせる体験が出来ます。お子様連れで、是非お越しください。
(2016.11.17[Thu])

本日、名古屋国税局主催の酒類館評会の表彰式がありました。お蔭様で、吟醸酒と本醸造酒が優等賞をいただきました。応援いただいた皆様、どうもありがとうございました。
春先に造ったお酒を、夏を越した秋に市販酒で評価するこの鑑評会は、とても現実性があってお買い上げいただくお客様には、大変参考になるものだと思います。
残念ながら用事があった為午後の勉強会には出席出来ませんでしたが、来年も入賞できるよう、改めてみんなで気を引き締めた一日でした。
(2016.11.11[Fri])

昨日からの米大統領選挙の開票速報を聞くと、クリントンさんよりトランプさんリード。報道関係の予測と裏腹に、クリントン圧勝と思われていた予測がなんとひっくりかえってしまった。
トランプさんが掲げてきたTPPの反対と移民排除政策は、米国内経済のためには必要な政策かもしれない。「経済」の意味は、「経世済民(国を治め民を救済する)」だ。今までの「グローバル化」と呼ばれる国境を越えモノと人の行き来を自由にする米の政策により、そこそこ裕福だった人は財産と仕事が奪われ、安い労働力を提供してきた貧しかった人は財産と仕事を得る、これにより物価の上昇が抑えられ、財産はいわば均等化し富の分散が行われてきた。これはユーロ圏内の国々にも同じ事が言えるだろう。国境を越え安い労働力が海外から入ってきて、利益を追求する法人はこうした労働力を使い、イギリス人は失業者が増えた。イギリスがEUからの独立を選択した時と同じ事を、アメリカ国民も感じていたという結果だと思うが、総得票数ではクリントンが多く、選挙人はトランプが多い。本音はどっちなんだろう?いずれにしてもこれからは、建前では済まされない。もっと削り合う本音の時代になるだろう。
(2016.11.10[Thu])

早朝の夜明け前に、外の駐車場でトラックのガラガラというエンジンの音が聞こえてきます。原料米が、トラックに載せられて全国各地から運ばれてきます。いよいよ仕込みが忙しくなってきました。
毎年、お米を200トン以上使いますが、私が知るこの25年で不足したのは平成5年と24年の2年だけです。この2年は原料が無いうえに米価が上がり、原料の予算をオーバーして冷や汗をかいたりしました(^o^;)。平成5年は政府がタイ米の輸入を促進したり、平成24年は備蓄米を取り崩したうえに、お米以外の主食をTVで紹介したりなど、色々と頭を使って乗り切ってきました。この年の酒造りでは、翌年の仕込みを早めて仕込み本数を増やしたり、よそで予約されていたお米のキャンセルを待ったり、八方手を尽くして行っていました。ホントに苦労しましたね〜。
今年は豊作なのでそんな心配も無いですが、仕込み作業に集中できるのはありがたいです。
(2016.11.1[Tue])


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved