2016年12月の日記
今年も大掃除が出来ぬまま年末を迎える事になりました(^_^;)。クリスマスから後ろの仕事量が昨年より増えて、みんなバテバテで這って帰るようなカンジでした。が、先ほどやっと年内の仕事、全部やり終えました。痩せるくらいしんどかったです。
全体的に仕事のピークが後ろに寄っている様子です。やはり24時間営業の店、年中無休の店などが増えた影響でしょうか、それとも曜日の関係かな…。
さきほど蔵人の女子が、蔵の神棚を飾ってくれました。「ずいぶん古い神棚ですね」と聞かれ、「明治時代のものだってよ」と答えると「エーっ\(◎o◎)/」と分かりやすい反応。あってあたりまえと思っていましたが、良く考えると100年以上も経っているので、そのとおりでした。そっけない神棚ですが、その女子はキレイに掃除してくれました。これからも蔵を見守るこの神棚は、富士錦の大切な守り神です。
さて、今年も皆さんにご利用いただき、改めて心から感謝申し上げます。皆様にとって、更に良い年を迎えられますよう、お祈りしております。更に飛躍を目指す富士錦の来年に、是非ご期待ください!今年一年、ありがとうございました!
(2016.12.30[Fri])

今年もクリスマスが終わり、お正月へ向けて仕事がピークを迎えました。そんな中、ご近所にお願いしていた門松が出来、今日、飾りつけをしました。今年も樽を使ってちょっと派手にしてみました!決して大きくはないですが、バランスの良いカンジに仕上げました。今年は門松に刺す肝心の松が無く、あちこちに行って探してもらいましたが無く、結局、松は買って付けました(^_^;)。
周りを掃除して、塩とお酒を撒いて地を清め、飾りつけをした門松はすがすがしい香りがしました。新年まであとちょっと、頑張るぞ〜!
2016.12.25[Sun]

世間はクリスマスですが、会社は製造も出荷もピークを迎えクリスマスムードは社内には全くありません。明日は酒屋さんやスーパーさんなどもクリスマスの飾りつけからお正月へ、徹夜で模様替えを行います。我々もそれに合わせてアクセル全開になります。
毎年、この時期の様子でどんな年末になるか、なんとなく分かるのですが、気になるのが昨日起きた糸魚川市の大火災。新潟一古い酒蔵が焼失してしまったとの事。もらい火事とはいえ、もう無くなってしまった訳ですから、同業者としてはとても残念です。しかも、寒造りがスタートしたばかりで、仕事も佳境を迎えるところだったと思いますから、余計に気の毒に思います。
写真は、仕事の途中で通った駅の中にあったツリーです。あまりにもキレイだったので、とりあえず一枚。
2016.12.24[Sat]

昨日から、ようやく酒粕の販売が始まりました!待ってましたとばかり、お客様が次々にいらっしゃってくれました。ありがたいです!今日も酒粕をせっせと袋詰めしています。新しい酒粕は、香りがものすごく良く、真っ白です。高精白の米を使っている事が、これで本当に良く分かります。自分で甘酒を作る時間も酒粕も無く、夕食のあとに切れ端を集めてちょっと作ってみようと思います。
酒粕は高血圧と高コレステロールに利くそうです。体に優しい酒粕を、是非どうぞ!
(2016.12.2[Fri])

昨日、地元の友人が来る予定でしたが来れないと連絡が…。なぜと聞くと、イノシシが罠にかかっていたとの事。写真を送って来てくれたのを見て、ビックリ!なんと150kg以上の大物!7人がかりで山から降ろしたそうですが、人に危害が及ばなかったのが幸いでした。地元中学校の裏山にあるお寺の竹藪で捕獲されたそうですが、近くでこんな大物がいるなんて、想像もしていませんでした((+_+))。
(2016.12.1[Thu])


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved