2017年12月の日記
きょうはクリスマスイブですが、会社の中はクリスマスが終わってからの準備が忙しく、誰もクリスマスで盛り上がっていません。何より、今日これが供えられたのが象徴的です。富士錦の樽酒を使った門松です。置く場所に、塩・米・酒をまいて地面を清め、その上に新しく作った門松をお供えしました。
毎年これがお供えされると、ウチの会長は10分でも20分でも眺めています。最近、庭仕事がメインになってきた会長にとって、どんな思いで見ているのか、人間歴史の浅い若輩者にはまだ分かりません。
2017.12.24[Sun]

本日、富士宮市の富士山本宮浅間大社前に、ついに富士山世界遺産センターがオープンしました。見た目の迫力は凄く、富士山を逆さにしたような外観。周りを囲む水盤に映る建物の姿が、本物の富士山と兄弟のように見えます。
以前、工事中の建物に入れていただき、色々と見せていただきました。その際、一番度肝を抜かれたのは窓です。オープン前に公開しない約束で、写真を撮らせていただきました。これはまだ雪をかぶる前の富士山の姿ですが、市内の中心街に建っているにもかかわらず、雄大な富士山が一望できます。圧巻です!
ここは物語形式で見学ができる学術施設ですが、大変面白い紹介のやり方です。時間がありましたら、是非一度足をお運びください。
2017.12.23[Sat]

今日は新しいお店のプレオープン内覧会に招待され、行って来ました。お店の名前はレストラン「JINQ(じんく)」。この名前には秘密があるそうです。
仕事を終え腹ペコでたどり着き、ここの食事を立食で美味しくいただきました。
ほかにも「GOTEN(ごてん)」という古民家を再生させた宿泊施設も一緒にオープンさせ、見せ方や照明に工夫を凝らした素敵な新名所が併せて誕生しました。この施設、外国人は本当に喜びそうです。
富士山世界遺産センターの12/23オープンへ向け、地元の様々なそれまで計画してきたものが一気に色々と姿を見せ始めました。これから若い人たちのチカラでどんな街に変わるのか楽しみです。
2017.12.17[Sun]

西武池袋本店の7F催事場で一週間行われている「静岡ごちそうマルシェ」で今日は働いてきました。今週は静岡のごちそう特集で、地酒はもちろん、うなぎ・お肉・海産物・お茶・フルーツのほか、今回の目玉は何と日替わり7つの蔵元さんによるトークショーが行われました。12月の仕込みが一番忙しい時に蔵を出る事はまずありません。しかし今回は、色々な方が骨を折ってくれて開催できた催事だったので、満を持してスケジュールを調整し、朝早く蔵を出発し池袋へ向かいました。
本日土曜日は私の当番。15分のおしゃべりを3回やってきました。売り場は土曜なのですごく人が多く、慣れない売り場で下手な説明に笑いながら買ってくれる方も居ました。朝10時から20時頃まで店頭に立たせていただきましたが、12月の酒売り場の忙しさを初めて体験してきました。お客様と話して試飲いただいて声を聴き、ホントに良い経験させてもらいました。
2017.12.16[Sat]

これは、朝食をみんなで食べている最中に、お米を蒸している風景です。今日は1430kgのお米を蒸しています。今シーズン一番大きな仕込みです。
炊き立てのご飯とみそ汁で朝食をとり、お米が蒸しあがるまでは休憩時間。新聞を読んだりコーヒーを飲んだり洗濯したり勉強したり、そしてまた寝たり…。もちろん次の仕事の準備をした後でですが。
本日が今年の純米吟醸の新酒「純米吟醸ヌーヴォー」の発売日。思いもかけず良い出来になりました。是非みなさまに召し上がっていただきたいです。
2017.12.9[Sat]

夕方、お腹がすいて何か食べようと思い蔵の裏道をトロトロ歩いていたら、目の前に大きな月がド〜ン!忘れていましたが、本日はスーパームーン。大きな満月が富士山の脇に鎮座していました。
富士山と満月の競演、スゴイ風景でした。
2017.12.3[Sun]

・ノンアルコール
・ノンシュガー
・無添加
この3つのテーマで女性スタッフが開発したのが、今日から発売の「富士山甘酒」。麹と水だけで作っているのに、信じられないほどおいしい(^-^)。繊細で甘さが絶妙なとこをついてる。先日行われた「こだわりの逸品グルメコンテスト」のドリンク部門で優勝したのも、手前みそですが、よく分かりました。子供さんも投票に参加していましたが、お客様の中には離乳食でも飲ませられると、ヤングママさんが喜んで買って行きました。なるほど…。今度は赤ちゃんもお客様になる事、実感しました。是非一度、試してみてください。大おすすめです。
(2017.12.1[Fri])


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved