2018年09月
2018年08月
2018年06月
2018年04月
2018年03月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
 
台風が去った今日、まだ暗いうちに200本のお酒を持って富士山へ登りました。富士山頂越冬熟成酒!これは、来年2019年の7月にまた降ろしてくる予定です。どうぞお楽しみに!
寒いうえに湿気が凄い、朝から霧雨が続くうえ、カッパもゲーターをした足元もビショビショでしたが、弊社のお客様たちと一緒になんとか頂上まで上げてきました。
所定の場所にしっかり積み、雨に濡れないようシートで覆ってがっちり縛り、無事に越冬出来るよう頂上の浅間神社でしっかりお参りをしてきました。
これからご予約を受け付ける予定ですが、一本も割れることなく、来年の夏に、無事に回収できる事を願うばかりです。
(2018.9.7[Fri])

昨日の台風21号で、原料米の田んぼがやられてしまうと思っていましたが、まだ稲の頭が軽かったのか、なんとか持ちこたえました!よく頑張った〜(>_<)!台風に耐えたお米は、必ずなにくそ魂で育つはず。
このまま稲刈りまで無事に持ちこたえて欲しいです…。
(2018.9.6[Thu])

大阪桐蔭の春夏連覇というスゴイ偉業で幕を閉じた夏の甲子園大会。秋田の金足農の躍進も実に見事だった。何より楽しそうに野球をしている姿、仲間と互いに健闘を称えあい、助け合い、一体感を楽しむ姿は、団体スポーツの醍醐味だ。見ていて実に気持ちいい。
相撲もそうだが、郷土力士を昔から応援する風習はあって、それがその地域のほまれであったり郷土愛、地元民の誇りとなって、その地域の人たちの一体感を生み元気にするものであったと思う。
今回の秋田の高校もそれに当てはまると思うが、一方で決勝戦は都会対地方の構図になっていたようにも感じる。決勝に臨む際「秋田の代表として、全国の農業高校の代表として…」という選手の言葉は、今までにない背負い方だ。日本は農業国、農業に従事する人たち全てがこの一言で応援したくなる構図になったと思う。「がんばれニッポンの農業!」みたいな…。一所懸命に取り組む姿は全力で校歌を歌う姿にも表れており、この瞬間を大事にしている姿は感動モノだ。
一所懸命は応援したくなります。にしても、そんな意味でも地方は高校野球との距離感がとても近いんだなと感じた大会でした。また来年が楽しみだ!(^-^)
(2018.8.21[Tue])

今日から夏の高校野球100回記念大会が始まった!一生懸命にプレーする姿は、本当に楽しみだ(^-^)。今日は松井の始球式などがあり、心温まるシーンが開会式には多く盛り込まれていた。
どこの新聞にもクローズアップされていなかったが、大会委員長の挨拶が、自分的にはとても胸を打つ感動的なものであったと思う。本来104回目を迎える今年がなぜ100回目なのか、甲子園賛歌の作詞者の話、長く高校野球を支えてきた人たちの話など、話を聞いているうちに思わず涙が出てきた。
暑いので、早く挨拶終われと思った人も居るだろうが、球児はペットボトルの水を飲んだ後に聞いたから、印象に残っている人も居るだろう。
毎年の一生懸命が歴史を作り、伝統を支える。甲子園もまさにその足跡をたどり100回目を迎えた事は、大変意義深いと改めて思いました。
2018.8.4[Sat]

東京農大卒業の蔵元12社が集まって行われた、初めての試飲フェアが東京農大「食と農の博物館」で行われました。13時からの開催だったのですが、14時には会館の外の歩道まで長蛇の列。早くみんな入れてあげたいけど、混乱を避けるための入場規制を博物館側で行っていたようでした。閉会予定が16時の予定でしたが、行列の最後の人たちが入場したのが17時、結局18時少し前に終了しました。お酒が途中で終わってしまったので、近くのコンビニに置いてあるうちのお酒を何回かバイトの農大生に買ってきてもらい、最後までなんとか持たせました。「全部回ったけどここが一番好き」と数人のお客様から言われ、思わず泣きそうになりました…(T_T)。2日連続のイベントで、足が棒のようになったけど、充実感満載、空びん満載のクルマに乗り、運転して蔵に帰ったのは夜中でした。またこんな試飲会やりたいなぁ…
2018.6.17[Sun]

今日は、池袋サンシャインにて、国内最大の日本酒フェアが開催されました。ありがたいことに、静岡県のブースは午前中から人が切れる事が無く、忙しい事に…(^_^;)。
昨年は6,000名以上のお客様に来ていただいたそうですが、昨年と違い今年は少し涼しいくらいの気候で、皆さん笑顔で来場していました。
多くの日本酒ファンに支えられて、我々の今があります。お客様一人ひとりの顔を見ながら、そのことを改めて感じる大切な一日でした。
2018.6.16[Sat]

今朝、社員がみんな豪雨でびしょ濡れになって出社してきました。朝礼が終わってからも雨脚は弱まらず、むしろ激しくなってきました。今日、ボイラー室の屋根の張替え工事を行う予定でしたが、前日の予報で一日延期に。
激雨が心配になり、会社前の通りを見ると、道路の下を走ってる排水口から案の定、水柱が立って…(>_<)。「え?」と思いながら道に沿って下へ降りていくと、なんと駐車場がプール状態に…。歩いて門に入れない状態になっていました。今年はこんな雨ばっかり。GW中にこんな雨はご免だ。
(2018.4.25[Wed])

4/10〜16まで、横浜タカシマヤで試飲即売会をしています。一言でいうと人の波。とにかくものすごいお客様の数です。50cmくらいの距離でお客様と話をしていても、なかなか聞き取れないほど騒がしく、会場は盛り上がっています。
色々な蔵元さんのトークショーや、大学教授の科学的な授業など、普段聞けない面白い話を、ステージで行っています。入場は無料なので、こんな面白いイベントがあちこちで出来たら良いな…でも主催者は大変だろうけど…(^_^;)
2018.4.14[Sat]


 
Copy right (C) 富士錦酒造株式会社 All rights reserved